沖縄そばの概念が変わる!?絶品沖縄そばの店「南部そば」

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

沖縄そばの概念が変わる!?絶品沖縄そばの店「南部そば」

南部そばってどんなところ?

 

沖縄を代表する伝統料理といえば「沖縄そば」をイメージする方も多いでしょう。
まさに沖縄そばは沖縄県民にとってのソウルフード。1週間に1度は沖縄そばを食べないと落ち着かないなんて県民も少なくありません。

 

しかし、他県の方にとって沖縄そばはかなり好き嫌いの分かれやすい食べ物でもあります。
「そば」という語感から日本蕎麦の食感をイメージする方も多いのですが、沖縄そばは蕎麦粉を使わず小麦粉で練り上げた麺を使うため食感も味も全く違います。
沖縄の料理は好きだけど、どうしても沖縄そばだけは好きになれない…という方も少なくないようです。

 

今回は、そんな「沖縄そば嫌い」の方にこそオススメしたい沖縄そば店をご紹介します。
沖縄本島南部・糸満市に店を構える「南部そば」です。
沖縄県には数千軒の沖縄そば店がありますが、南部そばの味はおそらくどこにも真似できません。

 

沖縄そばの麺は普通、県内に数ヶ所ある製麺所に注文して作るのが基本で、スープや具にこだわった沖縄そば店はたくさんありますが、麺はどこの店もほとんど同じだったりします。
しかし南部そばは沖縄そばの店にしては珍しく、徹底的に麺づくりにこだわったお店です。
使用する麺は100%自家製麺。その食感は一般的な沖縄そばとは一線を画します。

 

沖縄そばが苦手だという方に話を聞くと、「ぼそぼそした麺の食感が苦手」という方が多くいます。
しかし南部そばの麺は、他の沖縄そばと同じ原料で作られているのが信じられないほどツルツル・モチモチした食感が自慢です。
ここの沖縄そばを食べたことで、沖縄そば嫌いを克服したという方もいるくらいです。
ハッキリ言って、南部そばで食べると「沖縄そば」の概念が変わります。

 

旅行中に沖縄そばを食べるお店で迷ったら、まず南部そばに行くことを検討してみてください。
沖縄そばが苦手な方、沖縄そばを食べたことが無い方にこそオススメしたいお店です。

 

 

南部そばの沖縄そばは県民も驚く一級品!

 

先ほどは「沖縄そばが苦手な方にこそ、南部そばをオススメしたい」とご説明しましたが、もちろん南部そばは「沖縄そばが好きな方にもオススメしたいお店」でもあります。
南部そばには観光客も多く訪れますが、もともと地元で「沖縄そばの名店」として広まった店であり、今でも地元民に絶大な人気を誇る沖縄そば店です。
普段から沖縄そばを食べ慣れている沖縄県民でも、初めて食べる南部そばの美味しさには驚かされます。

 

南部そばの麺は全てが自家製麺で、また沖縄そばには珍しい「生麺」を採用しているので通常よりも口当たりの良いツルっとした食感に仕上がります。
この味わいを活かすため、麺は注文が入ってからひとつひとつ茹でるという徹底したこだわりが、南部そばの美味しさを支えています。

 

麺ばかりが取りざたされがちですが、もちろんスープもこだわりの逸品です。
沖縄そばの特徴である「合わせだし」に習い、豚骨・鶏ガラ・昆布・カツオから出汁が取られています。
スープを作るだけでも8時間以上かかるという、自宅では絶対に真似のできない手間暇が、沖縄県民を唸らせる最高の一杯を創り出しています。

 

 

オススメのメニューはてびちが入った「南部そば」

 

一般的な沖縄の食堂はメニュー数が多いのが特徴的なのですが、南部そばはちょっと異例です。
南部そばのメニュー表を見てみると、メインの沖縄そばが4種類と、いくつかのサイドメニュー、セットメニューが表記されているだけです。
全て足しても20には届かない程度のメニュー数…これは沖縄の食堂としてはかなり少ない方なんです。

 

メニュー数の少なさは、この店がどれだけ「沖縄そば」に手間をかけているかという証拠でもあります。
麺もスープも具材も全て外注に頼らない自家製なので、他のメニューを増やしているようなヒマは無いということなのでしょう。
実際、南部そばはたったこれだけのメニュー数で、30年以上も不動の人気を獲得し続けてきました。
メニューの少なさは、「沖縄そばだけでもやっていける」という南部そばが持つ自信の表れでもあるのです。

 

現在南部そばで食べることができる沖縄そばは4種類。
「南部そば」「本ソーキそば」「沖縄そば」「ゆしどうふそば」です。

 

どれも絶品ですが、やはり一番人気は、店の名前をそのまま冠した「南部そば」となっています。
この店で言う「南部そば」は、県内では一般的に「てびちそば」と呼ばれるタイプの沖縄そばです。
てびちとは沖縄の方言で「豚足の煮込み」のこと。この南部そばには、柔らかく煮込まれた絶品のてびちが豪快に乗っています。

 

沖縄そばの美味しさもさることながら、南部そばはてびちの美味しさでも知られています。
てびちを食べるためだけに南部そばを訪れるお客さんもいるほどです。
他ではなかなか味わえない自家製麺&スープに、トロットロのてびちが乗った南部そばは観光客にもぜひ食べてもらいたい逸品です。

 

 

南部そばに関する情報

 

南部そばは人気店なので、時間帯によってはかなり混雑します。
駐車場も完備されていますが、12台しか駐車できないので営業時間中は常に満車状態です。
1日に提供できる沖縄そばの数に限りがあり、営業時間が11:00〜15:00と非常に短いので注意しましょう。

 

駐車場さえ確保できれば30分〜1時間待ちくらいで入れるので、時間に余裕のある方は付近の有料駐車場に停めて歩いて行きましょう。
すぐに入りたいという方は、開店直後の午前11時なら比較的入りやすいです。

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県糸満市潮崎町3-2-2

 

 

アクセス方法

 

南部そばは、那覇空港から車で20分ほどで行けます。
空港からそう遠くないので行き来には便利ですが、人気店なので待ち時間の確保には注意しましょう。

 

車で行く場合、那覇空港から国道331号線をひたすら南下するだけでOKです。
糸満市役所を少し超えたあたり、右側に南部そばの建物が見えてくるはずです。

 

乗り換えなしでバスに乗りたいなら、那覇空港から徒歩30分ほど移動した金城バス停から乗るのがオススメです。
金城バス停で89番糸満線に乗り、糸満市役所前で降りて徒歩5分かけて南部そばまで向かいます。
料金は大人500円と安く済みますが、多少歩かないといけないのがネックになります。

 

 

営業時間

 

  • 11:00〜15:00

 

※毎週水曜定休日

Sponsored Link