野球好きの沖縄県民の悲願!沖縄セルラースタジアム那覇

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

野球好きの沖縄県民の悲願!沖縄セルラースタジアム那覇

沖縄セルラースタジアム那覇ってどんなところ?

 

沖縄県民にとって、野球場といえば「那覇市奥武山野球場」です。
那覇市奥武山野球場は1960年に沖縄県最初の野球場として完成し、プロ野球の試合や甲子園予選などで長きに渡って使われてきました。
しかし建築から30年以上が経ち老朽化が激しくなったため、安全に野球を行うことが出来ないとの理由からプロ野球で使用されることも無く活気を失っていました。

 

長きに渡って県民に愛されてきた那覇市奥武山野球場の廃れた現状を問題視する声が高まり、2006年から大規模な改築が始まりました。
こうして2010年に完成したのが現在の那覇市奥武山野球場・通称「沖縄セルラースタジアム那覇」です。

 

沖縄セルラースタジアム那覇として生まれ変わった野球場は、またかつてのような活気を取り戻しました。
両翼100m・センター122m・天然芝・ラバー+金網フェンス・ブルペン・ナイター設備まで備えた本格的な野球施設になり、収容人数も最大3万名という県内最大級のスタジアムに返り咲いたのです。

 

設備が新しくなったことでまたプロ野球の試合にも使われるようになりました。
現在は沖縄セルラースタジアム那覇で年に数回、プロ野球の公式戦が行われています。
また、2011年以降は沖縄セルラースタジアム那覇が読売巨人軍のキャンプ地として使用されるなど、沖縄セルラースタジアム那覇の完成によって沖縄の野球界はにわかに盛り上がりを見せています。

 

沖縄セルラースタジアム那覇は、野球以外にも様々なイベントで使われています。
「フットサル」「学園祭」「花と食のフェスティバル」などなど、野球場としてだけではなく那覇市最大のイベント会場としても人気です。
観光目的で沖縄セルラースタジアム那覇を訪れるなら、野球の試合やお祭りなどのイベントが開催されている時期を狙うのがポイントです。

 

 

沖縄で唯一!プロ野球ナイターの公式戦が可能なスタジアム

 

沖縄セルラースタジアム那覇には夜間でも野球が可能なナイター設備が整っています。
実は、沖縄県内においてプロ野球のナイター公式戦が可能なスタジアムはここしかないんです。

 

沖縄は甲子園でも数々の優勝校を出している野球好きの県なのですが、県内にプロ野球の試合が行える立派なスタジアムが無かったため、生で野球を観戦するためには飛行機に乗って他県に行く必要がありました。
もちろんナイター観戦なんて夢のまた夢です。沖縄でキャンプを行う球団は多いのに、プロ野球の公式戦は一切行われないという状況が何十年も続いていました。

 

2010年に完成した沖縄セルラースタジアム那覇は、沖縄県内でナイターを観戦したいという県民の夢を叶えてくれました。
野球好きの沖縄県民にとって、沖縄セルラースタジアム那覇はまさに「沖縄県民の悲願」とも言うべき施設なのです。

 

行われるナイターは年に数回程度と少ないものの、試合がある日は県をあげて盛り上がりを見せます。
日本各地から訪れる野球ファンも増え、沖縄セルラースタジアム那覇が今の沖縄県の観光に一役買っていることは間違いないでしょう。

 

 

沖縄における野球の歴史がわかる「野球資料館」も併設

 

特に何のイベントも行われていない日の沖縄セルラースタジアム那覇は大部分に立ち入れないので静かなものですが、イベントの無い日でも利用できる施設もいくつか併設されています。
野球好きの方にオススメしたいのは、沖縄セルラースタジアム那覇の施設内に作られた「野球資料館」です。

 

野球資料館は、沖縄県における野球の歴史について詳しく知ることができる資料館です。
沖縄県がまだ米軍の統治下にあった頃や物資が不足していた時代から沖縄県民は野球を愛していたということが当時の資料と共に展示されています。
県内から初めて甲子園に出場した首里高校が試合で使っていたボールや、沖縄県出身のプロ野球選手第一号となった安仁屋宗八選手のユニフォームなど、貴重な展示品がいっぱいです。

 

野球資料館はスタジアム側が休館の日にも開いていますし、入場無料で見学できるので沖縄の野球史に興味のある方はぜひお立ち寄りください。

 

 

沖縄セルラースタジアム那覇に関する情報

 

沖縄セルラースタジアム那覇の入場料は、イベントごとに異なります。
野球資料館は入場無料で見学できますが、スタジアム側に混雑が見込まれる場合などは臨時休館となる可能性があるのでご注意ください。

 

 

入場料

 

イベントにより異なりますので、公式サイトで開催情報をご確認ください。

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県那覇市奥武山町42‐1

 

 

アクセス方法

 

沖縄セルラースタジアム那覇は那覇空港から車で10分ほどの場所にあります。
車で行く場合は、那覇空港を出て国道331号線を道なりに進むだけですぐに見つかります。

 

モノレールで行く場合は、那覇空港駅で乗り、奥武山公園駅で降りて徒歩5分です。
料金は大人260円、子供130円となっています。

 

 

営業時間

 

  • 9:00〜21:00

 

※イベントによって変動あり

Sponsored Link