ダイビングの名所・真栄田岬へ行ってみよう

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

ダイビングの名所・真栄田岬へ行ってみよう

真栄田岬ってどんなところ?

 

沖縄本島には数多くのダイビングスポットがありますが、観光客に一番人気のダイビングの名所として名高いのはやはり「真栄田岬(まえだみさき)」でしょう。
真栄田岬は水質・環境が良いだけでなく、日本中のダイバー憧れの場所である「青の洞窟」があることでも知られている場所です。

 

真栄田岬がダイビングスポットとして優秀だと言われるのは、その独特の地形に秘密があります。
岬の突端から海上を見渡すと、海岸から20m〜40mまでは淡い緑色、その先は濃い青色をしているのが分かります。
これは海の中がある一点を境として急激に深くなっているために発生するグラデーションです。
緑色の部分は水深3m〜7m程度ですが、濃い青色の部分はシュノーケルを着けていても海底が見えないほどの深さがあります。
まさに、海の中に巨大な崖が出来ているような不思議な光景です。

 

しかし、こうした地形は海の生き物たちにとって暮らしやすい場所でもあります。
小さな魚たちは大型の肉食魚から逃れるために水深の浅いところに隠れ、それを狙って大型の魚たちが集まる…というサイクルが起こりやすいのです。
そのため、真栄田岬は沖縄本島の中でも数多くの熱帯魚が年中安定して見られるダイビングスポットとして知られています。

 

ダイバーたちに人気の「ツバメウオ」の群れが生息しているのも真栄田岬の海の魅力です。
水質よし、熱帯魚の数も豊富、人気スポットなので設備もバッチリ…真栄田岬には、ダイバーにとって都合の良い条件がいくつも揃っています。
沖縄で初めてのダイビングを体験したいなら、まずは真栄田岬でチャレンジしてみるのも良いでしょう。

 

 

やっぱり一番の目玉は「青の洞窟」

 

真栄田岬でダイビングをしたいという方のほとんどは、やはり「青の洞窟」目当てです。
青の洞窟はいわゆる「海中洞窟」の一種で、真栄田岬の一部が海水の侵食によって何万年もかけて形成された洞窟です。

 

透明度の高い海水に太陽光が反射することで青く輝き、洞窟内が青く見えることからいつしか「青の洞窟」と呼ばれるようになりました。
同様の理由で「青の洞窟」と呼ばれている海中洞窟は日本中にいくつもありますが、真栄田岬の青の洞窟はそのなかでも有名かつ人気のダイビングスポットとして人気を博しています。

 

せっかく真栄田岬でダイビングを楽しむなら、やはり青の洞窟に行かない手はありません。
残念ながら青の洞窟は岬の上から観察することはできないので、ダイビングショップで装備を借りてインストラクターと一緒に海に入る必要があります。
ダイビングスポットとして有名な洞窟ではありますが、シュノーケリングでも洞窟に入ることが可能です。

 

ダイビング、もしくはシュノーケリングの用意ができたら真栄田岬を降りてみましょう。
海面までは階段があるので、まずは浅瀬になっている部分で泳ぎの講習を受けて準備を整えます。

 

準備ができたらいよいよ青の洞窟を目指して移動しましょう。
青の洞窟は真栄田岬の壁面にあるので、何qも続く断崖絶壁に沿って泳ぎながら移動します。
崖沿いに100mほど泳げば、青の洞窟の入り口が見えてきます。

 

洞窟に入ったときどんな光景が見られるのかは、ぜひご自分の目で確かめてみてください!
きっと、一生忘れられないような感動的な世界が広がっているはずですよ。

 

 

驚くほど人が多いので時間帯には要注意!

 

真栄田岬は沖縄県内でも屈指の人気ダイビングスポットです。
ただ、あまりにも人気がありすぎていつも混んでいるということに留意してください。

 

平日ならまだマシですが、週末や長期休暇中に予約なしで行ってもまず入れません。
ダイビングの予約が取れないどころか、渋滞で真栄田岬に辿り着けないということすら考えられます。
もともとあまり人の立ち入らないような自然の岬なので道幅が小さく、正規の駐車場が一杯になっていると道が路上駐車の車で溢れかえってしまうことがあります。

 

もしも確実に真栄田岬に行きたいなら早い時間に行くのがオススメです。
休日のお昼頃になると確実に混むので、午前中には到着しておくのがベストです。

 

ダイビングやシュノーケリングを体験したい方は、前日までには予約しておきましょう。
当日予約も可能ですが、シーズン中はキャンセル待ちになってしまうこともあるので注意が必要です。

 

 

真栄田岬に関する情報

 

真栄田岬は絶景スポットとしても人気で、無料で利用できる展望所も用意されています。
そのため、ダイビングやシュノーケリングの予定が無ければ入場料金は特にかかりません。
その他の料金プランはダイビングショップごとに変わりますので、詳しくは各ショップにお問合せください。

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県国頭郡恩納村字真栄田

 

 

アクセス方法

 

真栄田岬は恩納村にあり、那覇空港からだと車で約1時間ほどの距離です。
車で行くと駐車スペースに困ることがありますが、タクシー等の公共機関を使うとそれなりの料金になってしまいます。

 

車で行く場合は、那覇空港自動車道→沖縄自動車道(高速道路)を利用して石川ICまで行きます。
高速道路を降りたら県道73号線で右折、そのまま道なりに進んで国道58号線に合流しましょう。
恩納村山田に来たらルネッサンスリゾートオキナワの手前の道を右折、あとは案内板に従って道なりに進めば到着です。
いくつかルートがありますが、細い道を通ると路上駐車の車で身動きが取れなくなることがあるので大きめの道路を選んで向かいましょう。

 

 

営業時間

 

ダイビングショップ・季節によって異なります。

 

 

服装について

 

ダイビングやシュノーケリングを楽しむ場合は、着替えを持っていくのを忘れないようにしてください。

Sponsored Link