沖縄県でただひとつの本格的な動物園・沖縄こどもの国

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

沖縄県でただひとつの本格的な動物園・沖縄こどもの国

沖縄こどもの国ってどんなところ?

 

沖縄県で唯一の本格的な動物園施設が「沖縄こどもの国」です。
たくさんの鳥たちを飼育する「ネオパークオキナワ」や、園長さんが趣味で集めた動物を公開する「ミニミニ動物園」など、ちょっと変わった動物園は県内にもいくつかありますが、やはり沖縄県民にとって「動物園といえば沖縄こどもの国」なのです。
沖縄こどもの国は、1972年に出来た沖縄県最初の動物園であり、現在においてもライオン・キリン・ゾウなどの特定動物を飼育しているのは県内で唯一ここだけです。

 

沖縄こどもの国は、普段は動物図鑑でしか見られないような大型の動物が多数飼育されている王道の動物園です。
園内では哺乳類・鳥類・魚類・爬虫類・両生類など全200種類以上の生物が飼育されており、県内でこの規模に太刀打ちできる動物園施設は他にありません。
そのため、沖縄こどもの国は地元民を始めとした多くの見学客でにぎわっています。

 

また、琉球諸島に生息する固有種が見られるのも沖縄こどもの国の魅力です。
何十万年も昔に大陸から切り離された琉球諸島には独自の進化を遂げた生き物が多く、沖縄こどもの国では貴重な固有種を多数飼育しているのです。
ペットショップではまず見られない「琉球犬」や、「ヤクシマザル」「ヨナグニウマ」など、数々の固有種を見学することができます。

 

動物園施設だけでなく、園内に博物館施設や巨大釣り堀などを備えているのも沖縄こどもの国の面白いところです。
子連れのご家族ならもちろん、大人だけで行ってもかなり楽しめるテーマパークとなっていますよ。

 

 

リニューアルして綺麗になった園内

 

今でこそ大人気となった沖縄こどもの国ですが、ほんの10数年前には廃業の危機に追い込まれていました。
1972年に開園された古い施設だったため、施設の老朽化が進み、動物の数が減っていき、それに伴って来場者数もどんどん減っていました。
一時は、ゴールデンウィークなどのイベント時でもなければほとんど来場者がおらずガラガラの状態が続いていたほどです。
昔は遊園地施設も併設されていたのですが、あまりの客入りの悪さに1999年に遊園地部分はまとめて閉鎖されてしまいました。

 

しかし2004年からリニューアル工事が始まり、現在はかなり立派な施設へと生まれ変わりました。
動物の檻も、その動物たちがもともと住んでいた環境に近い状態に整備した「行動展示」が行われるようになり、昔よりも活発に動き回る動物が見られるようになっています。
飼育されている動物の数も少しずつ増え始め、リニューアル開始から10年以上が経った現在では沖縄県でもトップクラスの人気スポットに返り咲いています。

 

施設の新設に伴い、沖縄こどもの国では数々のイベントが行われるようにもなりました。
夜間の動物たちの姿を観察する「わくわくZooナイト」や、クリスマスシーズンに行われるイルミネーション「クリスマスファンタジー」など、地元民に人気のイベントが多く催されています。
リニューアルして綺麗になった沖縄こどもの国は、他県の動物園にも負けない人気の動物園施設となっています。

 

 

ワンダーミュージムにも寄ってみよう

 

2004年に沖縄こどもの国がリニューアルオープンした際に新設された施設のひとつが「ワンダーミュージアム」です。
ワンダーミュージアムは科学をテーマにした博物館で、小さい子でも感覚的に科学体験をすることができる施設となっています。

 

ほとんどの展示物が「体験」することで科学を学べるようになっていて、「空気を送ると人間の声を出す機械」や「さかさまに映る鏡」など、不思議な仕掛けが30以上も施されています。
小さい子から見れば魔法のように見える仕掛けには科学的な仕組みがあり、お父さんお母さんが一緒に体験しながら仕組みを確認していくと楽しく勉強できます。

 

ワンダーミュージアムの展示品は基本的に子供向けですが、大人が見ても驚くような仕掛けも多いです。
大人同士のグループで行く場合は、壁に着けられたボタンを押す「早押しチャレンジ」などの仕掛けが人気です。
早押しチャレンジは単純な反射神経が求められる仕掛けですが、これに関しては大人より子供のほうが早かったりするのでムキになって子供と勝負する親御さんもよく見かけます。
いつの間にか子供と一緒になって楽しんでしまうのが、ワンダーミュージアムの魅力でもあります。

 

 

沖縄こどもの国に関する情報

 

沖縄こどもの国は、園内に「動物園」「ワンダーミュージアム」「釣り堀」「チルドレンズセンター」などいくつもの施設が複合したテーマパークです。
ゲートで支払う入場料金は主に動物園エリアを見学するためのもので、ワンダーミュージアムや釣り堀などを利用する場合は別料金となる点に留意しましょう。

 

入場料

 

動物園

 

  • 大人 500円
  • 中高生 200円
  • 4歳〜小学生 100円
  • 3歳以下 無料

 

ワンダーミュージアム入館料

 

  • 大人 200円
  • 4歳〜高校生 100円
  • 3歳以下 無料

 

釣り堀

 

  • 1回200円

 

※釣り堀は土日祝限定

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

  • 沖縄県沖縄市胡屋5丁目7番1号

 

アクセス方法

 

沖縄こどもの国は那覇空港から車で1時間ほどの場所にあります。
那覇空港から国道58号線→県道82号線→国道330号線を経由して西原ICまで行き、沖縄自動車道(高速道路)に入ります。
沖縄南ICで高速道路を下り、グラウンド通りを経由して国道320号線に合流してください。
胡屋(南)交差点まで来たら右側に沖縄こどもの国の大きなゲートが見えてくるはずです。
ゲートをくぐったら道なりに進むだけで沖縄こどもの国に到着します。

 

 

営業時間

 

  • 4月〜9月 9:30〜18:00(最終受付17:00)
  • 10月〜3月 9:30〜17:30(最終受付16:30)

 

休園日

 

  • 12月30日〜1月1日まで

 

 

服装について

 

園内はけっこう広いので、歩きやすい恰好で行くことをオススメします。
何年も工事が続けられている区間があり、一部段差が大きい場所があります。

 

 

Sponsored Link