なんにも無い道の駅!?道の駅喜納番所とはいったい何?

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

なんにも無い道の駅!?道の駅喜納番所とは一体何?

喜納番所ってどんなところ?

 

沖縄の道の駅の情報を調べていると「喜納番所(きなばんしょ)」の情報が必ず出てきます。
しかし実際に行った人のレビューを見てみると、「何も無かった」「道の駅っぽくなかった」なんて意見が多数を占めています。
道の駅なのに「何も無い」とは、いったいどういうことなのでしょうか。

 

そもそも喜納番所は、琉球王国時代この場所に建っていた本物の「番所」でした。
首里から国頭方面へ旅する人々のための宿次としても使われ、まさに現在の「道の駅」の元祖とも言うべき施設だったのです。

 

本物の喜納番所は沖縄戦の影響ですでに焼失してしまいましたが、地元の人たちがかつての喜納番所を尊び、2005年には当時の雰囲気を忠実に再現して建て直されました。
翌2006年8月には全国道の駅連絡会によって正式に道の駅としての認定を受け、県内で唯一の「何も無い道の駅」となりました。
喜納番所にあるのは付近の観光情報紹介パネルくらいのもので、お土産屋さんも、レストランもありません。

 

かつて交通の要所に建ち琉球の暮らしを見守っていた頃と同じ姿のままで、今度は観光客を見守る施設として活躍しているのです。

 

 

喜納番所は歴史的に貴重な場所だった

 

喜納番所は歴史的に見ても大変貴重な場所です。
オリジナルの建物は焼失してしまいましたが、かつて喜納番所が建っていた場所が2005年までそのまま保存されていたという事実からも、付近の住民にとって喜納番所がどれだけ大切な場所だったのかということがうかがえます。

 

喜納番所が建っている場所は現在の国道58号線沿いです。
国道58号線は沖縄県内で最も大きな主要道路ですが、実はこのルートは琉球王国時代から重要な街道として栄えていました。
琉球王国の村人たちはもちろん、琉球国王も北部へ移動する際はこの街道を通ったと考えられています。

 

とはいえ当時はこのあたりもジャングルで、街道が整備されているといっても大きな宿場町があるわけではありませんでした。
そこで、街道を通る人たちのために建てられたのが喜納番所だったのです。
旅の休憩所として、地図も無い時代の目印として、山賊を牽制するための役場として…喜納番所が果たした役目は数知れません。

 

かつて琉球王国を訪れたというペリー提督一行も、喜納番所を訪れたと記録に残っています。
ペリー提督は1853年の琉球上陸の際、喜納番所で休憩をとり、物珍しがって近づいてきた地元民とも交流を図ったと記録されています。

 

廃藩置県で琉球王国が無くなったあと、喜納番所は役場として使われ、このあたりにあった村の政治の中心地として活躍しました。
琉球王国時代から沖縄戦時代までの数百年間、村の重要な建物として使われ続けた喜納番所。ちょっとディープなスポットですが、歴史好きの方なら楽しめる施設だと思います。

 

 

道の駅だと思って行くのはやめておこう

 

喜納番所を訪れる観光客は多いのですが、ほとんどの観光客は歴史的建造物を見にきたわけではなく「道の駅」を探訪してここへ来ます。
道の駅といえば美味しい食べ物や地元の特産品が買えるイメージがあるため、何の商業施設も置かれていない喜納番所にガッカリしてしまうという観光客も少なくありません。
たしかに喜納番所は道の駅として正式に認定されていますが、一般的な道の駅とは全くコンセプトの違う施設なので、そもそも道の駅だと思って行くのはやめた方が良いでしょう。

 

ただ、喜納番所には唯一の観光客向けのコンテンツとして「観光ガイドの常駐」があります。
地元のことをよく知る観光ガイドさんが常駐しているので、付近の観光施設や沖縄のことについて知りたいという方は喜納番所で訪ねてみましょう。
喜納番所でお買い物をすることこそできませんが、喜納番所付近で特産品を売っているお店を教えてもらうことは可能です。

 

 

喜納番所に関する情報

 

喜納番所に商業施設はひとつもありませんが、休憩所としては無料で使用できます。
販売機くらいなら近くに設置されていますし、ちゃんと駐車場もあるので運転に疲れたら寄ってみるのも良いでしょう。
また、トイレもあるので長いドライブのトイレ休憩にも良いかと思います。

 

かつての交通の要所とはよく言ったもので、喜納番所は現在でも絶妙な場所に建っています。
那覇市から運転すると疲れが出始めるあたりにありますし、この付近にはコンビニなどの休憩ポイントがあまり無いので現在でもこのあたりで唯一の休憩所として機能しています。
運転に疲れたら、ぜひ寄ってみてください。

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県中頭郡読谷村字喜名1-2

 

 

アクセス方法

 

喜納番所は那覇空港から車で1時間くらいの場所にあります。
高速道路を利用すればもう少し早く着きますが、やや道が複雑になって遠回りになるので国道58号線をひたすら北上するルートがオススメです。
読谷村喜納地区に入ったら、左手に見えてくる木造建築の建物が喜納番所です。国道58号線沿いにあるのですぐ見つけられるかと思います。

 

 

営業時間

 

  • 9:00〜18:00

Sponsored Link