OKINAWAフルーツらんどは子連れの家族にオススメの観光スポット

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

OKINAWAフルーツらんどは子連れの家族にオススメの観光スポット

OKINAWAフルーツらんどは子連れの家族にオススメの観光スポット【北部】

 

OKINAWAフルーツらんどってどんなところ?

 

沖縄本島名護市には、OKINAWAフルーツらんどという果樹園があります。
亜熱帯のジャングルを再現したかのような南国感溢れるテーマパークです。
OKINAWAフルーツらんどの園内は、大きく分けて「フルーツゾーン」「蝶ゾーン」「バードゾーン」「ショッピングゾーン」の4つに分類されます。

 

メインとなる「フルーツゾーン」は、亜熱帯で育つ珍しい果実が育てられているエリアです。
バナナ・グァバ・パイナップルといった比較的よく知られているものから、カニステル・ピタンガ・パンノキといった通常の植物園ではあまり見ない貴重なものまで種類は様々です。

 

「蝶ゾーン」は、沖縄に生息する日本最大の蝶々「オオゴマダラ」が飛び交うエリアです。
オオゴマダラの飼育は沖縄県内でもいくつかの施設で行われていますが、オオゴマダラはとてもデリケートで飼育が難しいため、その姿を一年通して見られる場所はとても貴重です。
赤い色に反応して寄ってくる性質を持つオオゴマダラは赤い服を着ている人にも寄ってくるため、オオゴマダラを体にとまらせて写真撮影が行える撮影スポットとしても人気になっています。

 

「バードゾーン」は、南国に住む色とりどりの鳥たちが飼育されているエリアです。
ゴシキセイガイインコ・サンショクキムネオオハシなど、ペイントされたかのように鮮やかな色合いの鳥にエサをあげることも可能です。
また、野生生物保護活動の一環として、沖縄県内でケガをした野生の鳥類もここに一時避難させられています。
ここではサシバ・オリイオオコウモリ・アカショウビンなど、やんばるの森でもなかなかお目にかかれない貴重な生き物が見られることもあります。

 

全てのエリアを回ると、最後には「ショッピングゾーン」があります。
沖縄に関するお土産も色々売っていますが、やはりドライフルーツなどの果物に関するお土産が人気となっているようです。
また、ショッピングゾーンにはレストランも完備されており、南国フルーツを使ったパフェなどを食べることも出来ますよ。

 

 

まるで絵本の世界に入ったかのような演出

 

OKINAWAフルーツらんどは子連れの家族にオススメの観光スポット【北部】

 

OKINAWAフルーツらんどは創業40年を超える老舗テーマパークで、以前はわりと普通の果樹園でした。
しかし2013年に大規模なリニューアルを行っており、以前とは全く違った魅力のあるテーマパークへと変貌を遂げています。

 

リニューアルによってOKINAWAフルーツらんどが取り入れたのは「謎解きアドベンチャー トロピカル王国物語」という体験型アトラクションです。
園内を絵本の世界に見立て、様々な仕掛けが施されたアトラクションをクリアしていくというコンセプトとなっています。
小さい子でも楽しめるよう難易度は低めに設定されていますが、今流行りの「体験型脱出ゲーム」のような施設だと思ってもらえれば想像しやすいかと思います。

 

妖精にさらわれてしまったトロピカル王国の王様を救助するというストーリーで、果樹園を進むごとに工夫の凝らされた仕掛けに出会えます。
仕掛けをクリアしていけば、王様をさらったという妖精の目的や、物語の真意が分かっていくのでなかなか面白いです。

 

どちらかといえば子供向けのアトラクションなので、家族連れには特にオススメです。
大人だけの団体で、アトラクションに参加するのは恥ずかしいという場合は普通に仕掛けを無視して果樹園だけを楽しむことも可能なのでご安心ください。

 

 

フルーツカフェで南国フルーツに舌つづみ

 

フルーツ園になっている果物を取って食べることはできませんが、ショッピングゾーンに設置された「フルーツカフェ」では南国フルーツを使ったスイーツを食べることができます。
沖縄には南国フルーツをテーマにした施設がいくつもありますが、意外にもちゃんと南国フルーツを食べさせてくれる施設はあまり無いんです。
他の果樹園で気になっていた珍しいフルーツも、ここに来れば食べられるかもしれませんよ。

 

ここのフルーツカフェで一番人気になっているのは「そぼくな極み」というメニュー。
京都から取り寄せたという豆乳にソフトクリームやお団子を乗せ、そこにラズベリーソースをかけたという、和菓子と洋菓子がコラボしたようなパフェです。
ひとつひとつの甘さは抑えて素朴な味わいにしているのに、合わせて食べると極上の美味しさを引き出します。

 

他にも、ミックスした南国フルーツを贅沢に焼き上げた「焼きフルーツ」や、手軽に注文できる「フルーツジュース」など、様々なメニューが楽しめます。
提供されるフルーツは季節によって異なるので、どんなフルーツが味わえるのかは実際に行ってみてのお楽しみです。

 

 

OKINAWAフルーツらんどに関する情報

 

OKINAWAフルーツらんどは敷地内のほとんどの部分に屋根が設置されているため、雨天時でも問題なく入場できる施設です。
また、バリアフリー施設なので、車椅子の方や小さなお子さん連れの方でも安心して楽しめます。

 

 

入場料

 

  • 高校生以上 1000円
  • 中学生以下 500円
  • 3歳以下 無料

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県名護市為又1220‐71

 

 

アクセス方法

 

那覇空港からOKINAWAフルーツらんどのある名護市までは車で1時間半ほどかかります。
国道58号線を北上するルートが一番シンプルですが、時間がかかるので沖縄自動車道(高速道路)を利用するルートをオススメします。

 

那覇空港から出たらすぐに国道331号線を通って那覇空港自動車に入り、そのまま有料区間に入って許田ICまで行きます。
許田ICからはそのまま国道58号線を北上し、白金橋(東)交差点で左折しましょう。
そこから5分ほど道なりに進めば、左手側にOKINAWAフルーツらんどが見えてきます。

 

 

営業時間

 

  • 9:00〜18:00(最終受付17:45)

Sponsored Link