シーサーを買うなら壺屋やちむん通りが断然オススメ

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

シーサーを買うなら壺屋やちむん通りが断然オススメ

壺屋やちむん通りってどんなところ?

 

那覇市壺屋は、県内でも屈指の焼き物の名産地です。
壺屋焼(つぼややき)と呼ばれるその焼物は、琉球王国時代から伝わっている歴史的な技術によって作られています。

 

かつて琉球王国には複数の焼物の名産地がありましたが、1682年に琉球王府の命令で湧田窯・知花窯・宝口窯という3つの焼物の窯が統合され壺屋が生まれました。
以来300年以上、壺屋地区では今でも脈々と焼物が生み出され続けています。

 

壺屋焼がどんな焼物かを想像するためには、観光地には必ずといっていいほど置かれているシーサーの姿を思い浮かべると良いです。
特に赤茶色のシーサーの多くは壺屋焼の技法で作られており、そのほとんどがこの壺屋地区から生まれています。
他にも、普段使いの皿から遺骨を納める骨壷まで、壺屋では様々な用途に応じた焼物が作られています。

 

そんな沖縄県における焼物の中心地・壺屋は、現在「壺屋やちむん通り」として観光客で賑わっています。
通りの名前にある「やちむん」とは沖縄の方言で「焼物」のことで、直訳すると「壺屋焼物通り」という意味になります。

 

壺屋やちむん通りには、今でも壺屋焼を作り続けている職人たちの工房が連なっています。
右を見ても左を見ても壺屋焼工房だらけ、どこを向いてもシーサーだらけという、沖縄でもかなり異質な空間です。
その一方、職人たちが作った作品を工房で直接買えるとあって、質の良い壺屋焼を求めるお客さんにかなり評価が高い通りでもあります。

 

店内から溢れるほどに並べられた壺屋焼はどんな人でも購入できるので、お土産にシーサーを買っていきたいなんて方にはオススメの場所です。
シーサーは作り手によってもその表情を変えるため、自分だけのお気に入りシーサーを気が済むまで探してみてください。
壺屋焼きはもちろん、シーサーをこんなに大量に売っている商店街は他にないと断言できます。

 

 

壺屋焼の歴史を知りたいなら「壺屋焼物博物館」に行ってみよう

 

壺屋焼を買おうにも、壺屋焼がどんな焼物なのかすらわからない…という方は、壺屋やちむん通り内にある「那覇市立 壺屋焼物博物館」に行くのがオススメです。
那覇市立 壺屋焼物博物館は、壺屋焼きの歴史や性質について詳しく知ることができる県内唯一の博物館です。

 

博物館内にはシーサーはもちろん、壺屋焼きで作られた壺や食器など様々な展示品が飾られています。
それぞれに詳しい説明がついているので、時間をかけて見て回れば一気に壺屋焼き博士になれてしまいます。

 

また、館内の巨大スクリーンには壺屋焼ができるまでの工程をわかりやすくまとめた動画が流れています。
この動画を見るだけでもかなり壺屋焼について詳しくなれるので、博物館を出るころには壺屋やちむん通りに並ぶ壺屋焼たちの姿も違って見えます。
歴史ある伝統工芸品だけに、少しでも知識を仕入れてから選ぶのと、何も知らずに購入するのとでは印象が一変するはずです。

 

ちなみに那覇市立 壺屋焼物博物館の入場料はとてもリーズナブルで、大人料金が350円、大学生以下は無料となっています。

 

 

普段使いの壺屋焼はお土産に最適

 

お土産にシーサーを持っていくのはちょっと…という方は、食器などの普段使いの壺屋焼がオススメです。
壺屋焼は昔から沖縄県民の暮らしを支えてきた焼物で、シーサーだけではなく皿や急須、湯呑みや壺など様々な用途で使われてきました。

 

最近ではちょっとオシャレな壺屋焼も増えてきていて、観光客にもお土産として喜ばれています。
オススメは壺屋焼きの技法で作られた「マグカップ」。沖縄伝統の模様があしらわれたマグカップは、お土産に持って帰ってもちゃんと普段から使える優れたデザインです。
壺屋焼の技法は野外に置きっぱなしのシーサーに使われるくらいですから、見た目以上に頑丈で傷がつきにくいという性質をもっています。
なので壺屋焼きで作ったマグカップは、大切に使えば何十年も割れずに使い続けることができる逸品なんです。

 

他にも、壺屋焼の技法で作られた表札・箸置き・小皿など、お土産に適した壺屋焼きはいろいろあります。
シーサーは買えないけど壺屋焼きには興味があるという方は、ぜひ壺屋やちむん通りを訪れてみてくださいね。

 

 

壺屋やちむん通りに関する情報

 

壺屋やちむん通りは複数の工房が集まった通りなので、店舗ごとに営業時間が異なります。
平均的には、10:00〜17:00ごろまでは営業しているお店が多いので、それくらいの時間に訪れることをオススメします。

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県那覇市壺屋1丁目21?14

 

 

アクセス方法

 

壺屋やちむん通りには車の乗り入れが難しいので、近くまでタクシーかバスで言って徒歩で見学したほうがよいでしょう。
那覇空港からそこまで遠くないので、タクシーで言っても所要時間20分、運賃2000円弱くらいで行けるかと思います。

 

バスで行く場合は、一度国際通り側に向かったほうが良いかもしれません。
国際通りに連なるアーケード街である「市場本通り」を抜けると壺屋やちむん通りに直結しています。
ちなみに国際通りから壺屋やちむん通りまで歩いた場合の所要時間はおよそ10分です。

Sponsored Link