アメリカンな雰囲気を堪能しよう!美浜アメリカンビレッジ

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

アメリカンな雰囲気を堪能しよう!美浜アメリカンビレッジ

美浜アメリカンビレッジってどんなところ?

 

北谷町の「美浜アメリカンビレッジ」では、他の観光地とはちょっと違ったショッピングが楽しめます。
美浜アメリカンビレッジはお店の名前ではなく、北谷町美浜に広がる歓楽街の総称です。

 

北谷町から嘉手納町にかけては「嘉手納空軍基地」が存在するため、このあたりの街にはとても外国人が多いという特徴があります。
街を歩いている人の3人に1人が外国人といっても過言ではないほど、暮らしの中に当たり前に外国人が溶け込んでいるのが美浜地区の面白いところです。

 

外国人が多いため、必然的に美浜地区は外国人向けのお店が多い地域に進化を遂げました。
アメリカンな雑貨や服を扱うアパレルショップ、アメリカ人向けの飲食店など、様々なお店が集中して生まれたのが美浜アメリカンビレッジです。
街全体が海外のような雰囲気になっており、日本にいるとは思えないような異国情緒溢れるショッピングが楽しめるのが魅力です。

 

最近では観光客も増え、ここでお土産を探すという方も増えてきています。
ありきたりなお土産屋さんに飽きてしまった方、お買い物好きの方にはぜひオススメしたいショッピングエリアです。

 

 

デポアイランドでショッピング!

 

美浜アメリカンビレッジのなかでも人気なのが「デポアイランド」という商業施設です。
デポアイランドは2010年にオープンした巨大ショッピングエリアで、広大な敷地には100を超えるテナントが入っています。
テナントの種類も多種多様で、雑貨を扱っているお店、ファッション関係のお店など、ジャンルにとらわれない様々な店舗を見て回ることができます。
お買い物好きの女性なら、デポアイランドでウインドウショッピングをするだけでも楽しいと思います。

 

また、デポアイランドには飲食店も多く、アメリカ人でも大満足のボリュームのステーキやハンバーガーなどが人気です。
そこまでガッツリ食べられないという方もご安心ください。デポアイランドにはちゃんと和食や沖縄料理のお店もあるので、好みに合った食事を選ぶことができます。

 

デポアイランドの敷地はかなり広いので、全店舗を見て回るだけでも半日くらいはかかります。
どんなお土産を買うか全く決めていないという方は、ひとまずデポアイランドをうろついてみてください。
店舗数が多いだけに、思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれませんよ。

 

 

美浜アメリカンビレッジには他にも様々な施設がある

 

夕日の名所として有名な「北谷サンセットビーチ」も、美浜アメリカンビレッジの一部です。
ショッピングエリアで歩き疲れたら、サンセットビーチでのんびり休憩をとってみるのもよいでしょう。

 

美浜アメリカンビレッジでできることはショッピングだけではありません。
ここは沖縄県内でも最大級の歓楽街なので、ショップ以外にも様々な店舗が揃っているんです!

 

北谷町のシンボルとなっている観覧車に搭乗できる「カーニバルパークミハマ」や、映画館の「ミハマ7PLEX」、地下1400mから組み上げた温泉が楽しめる「ザ・ビーチタワー沖縄」などなど…
このあたり一体には、沖縄のエンターテインメントがギュッと詰まっているんです。
あまりにもいろんな楽しみがありすぎて、この街を遊びつくそうと思ったら1日では足りません!

 

 

美浜アメリカンビレッジに関する情報

 

美浜アメリカンビレッジは歓楽街の総称なので、入場料や営業時間といった情報は店舗ごとに違います。
夜遅くまで賑わっている地域なので、大人同士の旅なら夜間に遊びに行くのも良いかと思います。
夜間のみ営業しているバーや、夜になってからはじまるイベントがあったりもするので、大人旅にオススメの街です。

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県中頭郡北谷町美浜

 

 

アクセス方法

 

那覇空港からだと車で約40分ほどで行けます。
ルートも簡単で、那覇空港から出てすぐ国道58号線を北上、観覧車の手前で左折すれば到着です。

 

バスで行く場合は、琉球バス23番に乗るのがよいでしょう。
瑞慶覧バス停で降車し、そこから20分ほど徒歩になりますが乗り換えなしで美浜に到着します。
運賃は大人1人770円となります。

Sponsored Link