家族連れに大人気!南部で泳ぐなら美々ビーチ!

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

家族連れに大人気!南部で泳ぐなら美々ビーチ!

美々ビーチってどんなところ?

 

沖縄本島南部で海水浴を楽しみたいなら、断然「美々ビーチ」がオススメです。
美々ビーチは糸満市に位置する海水浴場で、人工ビーチですが自然ビーチに負けないほど美しい水質を持っています。

 

海側が用途によって2つに区切られているのが美々ビーチの特徴です。
向かって右側が無料で泳げる「遊泳区域」で、遊泳期間内ならライフセーバーも常駐しているので安心です。
もう一方、向かって左側が「マリンスポーツ区域」になっており、ここではバナナボートやシーカヤックなどのマリンスポーツを楽しむことができます。

 

また、美々ビーチは陸側が公園になっているのも特徴的です。
ビーチの敷地内には子供向けの遊具や、パークゴルフが楽しめる広場も用意されています。

 

中央の管理棟ではバーベキュー用品などのレンタル品も貸し出してくれるのもうれしいです。
他のビーチだとバーベキューは事前予約が必要になることが多いのですが、美々ビーチでは当日予約でもバーベキューセットを貸し出してくれます。
もちろん遊泳や公園利用にも予約が必要ないので、天候悪化などの原因による急な予定変更にも対応しやすいのが美々ビーチの強みですね。

 

 

家族連れに嬉しい施設が盛りだくさん!

 

美々ビーチは特に家族連れにオススメのビーチです。
敷地内にはビーチ以外にもたくさんの施設があるので、泳ぐのが苦手なお子さんでも楽しく遊ぶことができます。

 

ビーチから徒歩1分の場所にあるアスレチック遊具は子供たちに大人気です。
滑り台やブランコはもちろん、フリークライミングが楽しめる子供用のウォールなどもあり、ここの公園で遊ぶためだけに美々ビーチを訪れる地元民も少なくありません。
公園側には大人用の健康増進アスレチックもあるので、子供が遊んでいる間にお父さんはストレッチを行うなんてこともできます。

 

他のビーチにはなかなか無い設備としては、「人工磯」が面白いです。
ここは美々ビーチの一部をあえて岩場にすることで作られた人工の磯で、潮の満ち引きによって磯に入りこんできた生き物を捕まえたりして遊べる場所です。
磯の中央のくぼみは浅く作られているので、溜まった海水に紛れ込んだ魚やカニなどの生き物を楽しく観察することができます。
生き物好きの男の子なら、ビーチで泳ぐよりも人工磯で遊ぶのに熱中してしまうかもしれません。

 

他にも美々ビーチには、自由に使える多目的広場や海を見晴らす展望台、バスケットコートなど様々な施設があります。
海水浴目的だけでなく、海辺で楽しく一日を過ごしたいという家族連れにはオススメのビーチです。

 

 

遊泳エリアは浅いのでお子さんでも安心

 

美々ビーチの遊泳エリアは他のビーチに比べると浅めです。
潮の満ち引きにもよりますが、満潮のときでも大人なら完全に足がつくくらいの深さです。
潮が完全に引いているときだと、遊泳区域の真ん中あたりまで行ってもなお座れるほど浅いなんてことも珍しくありません。

 

本格的に泳ぎたい方にとってはちょっと物足りないかもしれませんが、この「浅さ」がむしろ家族連れに好評です。
子供たちが深すぎる場所で泳ぐのは心配だという親御さんにとって、遠浅になっている美々ビーチの遊泳区域はむしろ安心できるビーチになります。

 

また、美々ビーチは人工の岬で囲まれており、それが防波堤の役目を果たしているので常に波が穏やかです。
よほどの悪天候でもない限り波にさらわれるような事故は起こり得ないので、小さなお子さんを泳がせるのにも安心のビーチです。

 

 

美々ビーチに関する情報

 

美々ビーチは遊泳無料ですが、駐車場代がかかります。
駐車場の料金は1日止め放題で500円と安いのですが、駐車場代を払うことを嫌って周囲に路上駐車するマナーの悪い車が後を絶ちません。
交通量の少ない道路とはいえ、見つかれば当然駐車違反で検挙される恐れがありますし、何より周辺住民の迷惑になるのでちゃんと駐車場代を支払って敷地内に停めるようにしてください。

 

 

遊泳料

 

  • 無料

 

※ただし駐車料金は1日500円。

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県糸満市西崎町1-6-15

 

 

アクセス方法

 

美々ビーチは那覇空港から車で20分ほどの場所にあります。
那覇空港から国道331号線を南下、道の駅いとまんを超えたところで右折して直進です。

 

バスでも行けますが、停留所から20分ほど歩く必要があるため、公共機関を利用する場合はタクシーがオススメです。
タクシーだと、道が空いていれば那覇空港から1000円ちょっとの運賃で行けます。

 

 

遊泳時間

 

  • 4月〜10月 8:30〜20:30

 

※11月〜3月は遊泳禁止ですが、公園部分やマリンスポーツは利用可能です。
また、シーズンオフに限り駐車場が無料開放されています。

 

 

設備について

 

  • シャワールーム(200円)
  • コインロッカー(200円)
  • パラソル(500円)
  • 浮き輪(500円)
  • サマーベッド(500円)
  • ビーチサッカーコート(700円)
  • ビーチバレーコート(700円)
  • バーベキュー当日予約(有料)
  • マリンスポーツ(有料)
  • 音響設備一式(13880円)
  • 車椅子(無料)
  • 展望台(無料)
  • 東屋(貸し切り可)
  • 管理棟あり
  • ライフセーバー常駐

Sponsored Link