沖縄旅行での移動手段は?

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

沖縄旅行での移動手段は?

沖縄には電車が無い!

 

沖縄を観光するためには、何らかの移動手段を確保しておく必要があります。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、沖縄県には電車が通っていないため、慣れていないと移動に一苦労してしまうのです。

 

沖縄県民は普段、主に車を使って移動しています。

 

マイカーで移動する県民が多い一方で、通勤通学にはバスを使う人も少なくありません。

 

そのため、沖縄県は車移動に適した施設やサービスが多いのも特徴です。

 

東京などの都市部とは違い、ほとんどの施設には駐車場が用意されているので車を停める場所を探すのに苦労することはほとんどありません。

 

また、街中であればバスの本数もそれなりに多いので、慣れれば公共機関を使っての移動もスムーズです。

 

これから沖縄旅行に行くという方は、旅行中どのような手段で移動するかを考えておいたほうが無難です。

 

主な移動手段はレンタカー

 

沖縄を訪れる観光客のほとんどは、レンタカーを使って移動します。

 

レンタカーはバスやタクシー等に比べると移動がスムーズで、料金も安く済むことが多いので運転免許を持っている方ならレンタカーが最良の手段だといえるでしょう。

 

沖縄本島の端から端まで車で移動しても4時間弱しかかからないので、レンタカーがあれば気軽に沖縄県内を移動できます。

 

金額はレンタカーショップによって異なりますが、1泊2日で5000円〜7000円程度で借りることができます。

 

ショップによっては会員登録やサービスチケットを用意しているので、サービスと併用すれば車種によっては1泊2000円〜3000円で借りることも可能です。

 

タクシー移動よりは遥かに安く済みますので、主な移動手段にはレンタカーを使うことをオススメします。

 

ちょっとした移動にはバスを使おう

 

あまり遠くに移動する予定が無いという方は、バスを使うのも良いでしょう。

 

沖縄本島南部を中心に観光したい場合などは、バスを使ったほうがレンタカーよりも安く済みます。

 

バス料金は那覇市内なら大人230円・子供120円程度で乗ることができます。

 

例えば、那覇空港から首里城に行き、国際通り周辺を観光、その周辺のホテルに宿泊…というような観光プランだった場合、大人1人500円もあれば1日に移動費が賄えてしまいます。

 

レンタカーだと日帰りプランでも数千円はかかってしまうので、かなりお得になりますね。

 

また、旅行初日から2〜3日はレンタカーで沖縄本島北部を観光して、最終日の那覇市内観光だけバス移動というような選び方もオススメです。

 

バスで北部に行く方法ももちろんありますが、那覇空港から美ら海水族館のあたりまで行くと往復4000円〜5000円はかかってしまうので、レンタカーの値段を超えてしまうことがあります。

 

いざというときのタクシー

 

沖縄観光のためにタクシーを使って移動する人も少なくありません。

 

さすがにレンタカーやバスに比べると高くつきますが、移動が速くて迷わないのがタクシーの大きなメリットです。

 

運転が苦手な方や、バスの乗り換えに不安がある方ならタクシーを利用するのも良いでしょう。

 

複数人で観光する場合は「観光タクシー」を使うのもオススメです。

 

運転手さんに観光地を回ってもらえるサービスで、行き先もある程度融通が利くので便利です。

 

値段はまちまちですが、5時間で1万5000円ほどの価格設定になっていることが多いです。

 

ちょっと高いと思われるかもしれませんが、タクシーには4人まで同乗できるので、複数人で割り勘すればそこまで高額でもありません。

 

実際、観光タクシーは主に修学旅行生などに人気のある観光プランです。

 

那覇市内の観光に便利な沖縄都市モノレール「ゆいレール」

 

観光するのが那覇市内だけであれば、沖縄都市モノレール「ゆいレール」を積極的に活用していきましょう。

 

ゆいレールは、現在の沖縄県内を走る唯一の鉄道です。

 

端から端まで乗っても大人330円・子供170円という良心的な価格設定のゆいレールですが、難点は那覇市内しか走っていないことです。
ゆいレールで行けるのは「那覇空港駅」から「首里駅」までの15区間、路線距離にして12.9qだけなのです。

 

空港に降り立ってすぐに首里城を目指す場合などは大変便利ですが、ゆいレールではあまり遠くには行けません。

 

那覇市内を観光するときには便利ですが、それ以外の市町村に行くときにはレンタカーなど別の移動手段を探しましょう。

Sponsored Link