いつでもエイサーが見られる!?おきなわワールドの魅力

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

いつでもエイサーが見られる!?おきなわワールドの魅力

 

いつでもエイサーが見られる!?おきなわワールドの魅力【南部】

 

おきなわワールドってどんなところ?

 

沖縄本島南部に位置する南城市には「おきなわワールド」というテーマパークがあります。
おきなわワールドは、沖縄に関するあらゆる伝統芸能や文化財などを見学することができる施設です。

 

特に、施設内にある「玉泉洞(ぎょくせんどう)」は国内外から多くの観光客を集める人気のスポットとなっています。
玉泉洞は、おきなわワールドの地下に広がる全長5000mの巨大な鍾乳洞で、現在はそのうち890mが観光用に一般公開されています。
幻想的にライトアップされた洞窟では、他ではなかなか見ることのできない絶景を楽しむことができます。

 

また、沖縄の伝統芸能である「エイサー」の公演や、機織りなどの沖縄伝統芸能を体験することができるのもこの施設の魅力です。
飲食店やお土産屋さんも併設されていて、ちゃんと見てまわるには半日以上かかるほど充実したテーマパークとなっています。

 

 

沖縄の伝統芸能「エイサー」が年中見られるスポットは貴重!

 

沖縄を代表する伝統芸能といえば「エイサー」をおいて他に無いでしょう。
エイサーは沖縄版の盆踊りのような役割を持つ踊りで、毎年旧盆の時期になると地域の青年会によって踊られます。
勇壮に太鼓を打ち鳴らしながら踊られる迫力満点のエイサーは、地元の人だけでなく県外の人をも圧倒します。

 

沖縄旅行にあたって、エイサーを見学してみたいと考える方は少なくありません。
しかし、本来のエイサーは旧盆の時期にだけ踊られるものなので、いつでも見られるわけではありませんでした。
他の伝統芸能と違い、エイサーには専門の踊り手がいるわけではなく、旧盆の時期だけ地域の若者たちが集まって踊られるのが一般的だからです。

 

そんな中で、おきなわワールドは「年中エイサーが見られる」という珍しい施設です。
おきなわワールドには「真南風(まふぇかじ)」というエイサー専門のパフォーマンスグループが常駐しているため、毎日エイサーの公演が行われます。
エイサーは1日4回公演となっており、専用のテントの中で演武が行われるため雨の日でも安心して見学できるのが魅力です。

 

 

沖縄県最大の鍾乳洞!「玉泉洞」も見逃せない

 

玉泉洞

 

おきなわワールド最大の魅力ともいえるのが「玉泉洞」でしょう。
玉泉洞は全長5000mの巨大鍾乳洞で、沖縄県内の洞窟としては最大です。
地元では昔から知られていた洞窟ですが、現在はおきなわワールドに管理されています。

 

玉泉洞は入口から890mまでの部分が観光用として公開されており、内部はライトアップされて幻想的にきらめきます。
鍾乳石は3年に1ミリしか伸びないと言われていますが、玉泉洞の中には何mもある巨大な鍾乳石が100万本以上残っていると言われ、その歴史の深さにも驚かされます。
壁面をよく観察すると古代に生きていたリュウキュウジカやリュウキュウヤマガメなどの化石が見つかることもあります。

 

玉泉洞の中には様々な見どころがありますが、なかでも注目してほしいのが「青の泉」です。
洞窟内を流れる川の一部がくぼみに溜まって泉になっている場所で、青くライトアップされた泉がキラキラと反射してとても美しい光景を生んでいます。
また、泉の中をよく観察すると洞窟性の魚やカニなどの姿が見えることもあるため、生き物好きのお子さんにも喜ばれると思います。

 

 

おきなわワールドに関する情報

 

ここからは、おきなわワールドに関する情報をご紹介します。
おきなわワールドは、入場プランによって値段が大きく変わることに注意しましょう。

 

洞窟にも王国村エリアにも入らない場合は入場無料となりますので、もしエイサーだけ見たいという場合には入場料はかかりません。
エイサーが見たいだけなのに間違って入場料を払ってしまう方も少なくないため、しっかりと入場ブランを確認してください。
入場料によって入れるエリアについては、入場ゲートの係員さんに聞くと詳しく教えてくれます。

 

 

入場料金

 

フリーパス

 

  • 高校生以上 1650円
  • 4歳〜中学生まで 830円
  • 3歳以下 無料

 

 

玉泉洞&王国村

 

  • 高校生以上 1240円
  • 4歳〜中学生まで 620円
  • 3歳以下 無料

 

 

王国村のみ

 

  • 高校生以上 620円
  • 4歳〜中学生まで 310円
  • 3歳以下 無料

 

 

ハブ博物公園

 

  • 高校生以上 620円
  • 4歳〜中学生まで 310円
  • 3歳以下 無料

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県南城市玉城字前川1336番地

 

 

アクセス

 

那覇空港から車で30分ほどで行けます。
国道331から那覇空港自動車道(無料区間)に乗り、南風原南ICで降りて南城市を目指すルートが最短です。
ひめゆりの塔を観光してから行きたい場合はあえて那覇空港から糸満市まで南下するルートでも行けますが、少し遠回りになります。

 

バスで目指す場合は、那覇空港で一度モノレールに乗り、旭橋駅で降りてバスターミナルに行く必要があります。
バスターミナルからは「玉泉洞前」で停まるバスが出ているので、あとは乗るだけでおきなわワールドの真ん前まで行けます。
那覇空港からバスでおきなわワールドを目指す場合の所要時間はおよそ1時間です。
乗り換えの時間が合わない場合はもう少し時間がかかるので、バスで行く場合は時刻表を下調べしておきましょう。

 

 

営業時間

 

  • 9:00〜18:00(最終受付17:00)

 

※年中無休(ただし台風で臨時休業になることあり)

Sponsored Link