県内最高峰の聖地・斎場御嶽(せーふぁーうたき)

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

県内最高峰の聖地・斎場御嶽(せーふぁーうたき)

斎場御嶽ってどんなところ?

 

沖縄には昔から「御嶽(うたき)」と呼ばれる場所が無数にあります。
御嶽は沖縄の人々にとっての「聖域」であり、沖縄の先人たちは神様が宿るという御嶽に祈りを捧げてきました。

 

今でも沖縄各地に数えきれないほどの御嶽が現存しており、それぞれ地元の人たちによって保護され続けています。
観光地としては、首里城の近くにある園比屋武御嶽(そのひやんうたき)などの御嶽が有名です。

 

そんな、数ある御嶽の中でも最も格式高いとされているのが南城市にある「斎場御嶽(せーふぁーうたき)」です。
斎場御嶽は現代語に訳すと「最高位の聖域」といった意味の言葉であり、琉球王国時代から大切にされてきた場所でした。
2000年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産にも登録され、歴史的に見ても重要な場所となっています。

 

かつて斎場御嶽は完全男子禁制の御嶽であったため、琉球国王ですら気軽には立ち入れませんでした。
祭事のために国王が入るときには、着物の襟を女装に改めなければならなかったと言い伝えられています。
現在は観光地として公開されているため男性でも入場することができますが、神域としての格は失っていないため無礼な行動は慎むよう注意を受けます。

 

沖縄県民にとって、斎場御嶽は今でも県内最大のパワースポットです。
霊感の強い人が斎場御嶽に行くと気分が悪くなるという話は割とよく聞く話で、今でも沖縄県民が斎場御嶽を深く信仰していることが分かります。
観光地としても有名なので気軽に入ることが可能ですが、観光で斎場御嶽を訪れる方は、聖域を汚したり、敷地内で騒いだりしないよう細心の注意を払う必要があるでしょう。

 

 

斎場御嶽の中でも特に三庫理(さんぐーい)が有名

 

44,643平方メートルの広い森全体が斎場御嶽の敷地です。
よく敷地内で最も大きな巨岩を斎場御嶽の本体だと勘違いしている方がいますが、斎場御嶽はこの森全体の名前です。
そのため、入場ゲートをくぐったその瞬間から聖域に入ることを意識しておく必要があります。
ゲートをくぐったあとに騒いだりすると係員の方に注意を受けることもあるため、聖域に入るのだという心構えを作って静かに見学しましょう。

 

ちなみに、よく斎場御嶽の本体と勘違いされる三角形の穴が開いた巨岩は正式名称を「三庫理(さんぐーい)」と言います。
たしかに斎場御嶽の敷地内でも最もインパクトのある見た目をしているので、斎場御嶽のパンフレットやガイドブックには三庫理の写真が使われることが多く、斎場御嶽の本体だと勘違いされる要因となっています。

 

三庫理は、斎場御嶽の最奥にある拝所です。
高さ10mをゆうに超える巨岩が傾いて出来た三角形の隙間からは、太陽の光が神々しく降り注ぎます。
その向こうに見える「チョウノハナ」という岩にはかつて神が降り立ったと言い伝えられており、三庫理は斎場御嶽の中でも最大のパワースポットとして知られています。

 

とはいえ、宗教的な観点を抜きにしても三庫理の存在感には驚かされます。
2つの巨大な岩の割れ目から太陽光が降り注ぐ光景を見ていると、昔の人がここを聖域として守った気持ちも分かります。
見晴らしがよいというわけではありませんが、見たことも無いような巨岩の立ち並ぶ三庫理の姿は一種の絶景スポットと呼べるでしょう。

 

 

いつか立ち入り禁止になるかもしれない!?

 

かつては国王でも女装しなければ立ち入れなかったという斎場御嶽。
しかし現在は世界遺産にも登録されたこともあり、世界各国から様々な人種が立ち入る観光スポットとなっています。

 

この状況について地元では昔から「斎場御嶽の格を下げてしまう」として反対している方が少なくありませんでした。
実際、観光地として整備されたことによって斎場御嶽の森が環境破壊されているという側面もあり、人が立ち入らないことで守られてきた自然も少しづつ失われていっているのが現状です。

 

そのため、数年前から「せめて男子禁制に戻そう」という動きが出始めており、今後はもしかすると斎場御嶽は男性が立ち入れなくなるかもしれないのです。
また、沖縄の霊能者である「ユタ」以外の立ち入りを禁止すべきだという意見もあり、世界遺産保護の観点からも議論が続いています。

 

現在はまだ男女出身問わず斎場御嶽に入場可能ですが、もしかするといつか関係者以外全面立ち入り禁止という日が来るかもしれません。
2015年からは折衷案として「年に2回、一定期間のみ立ち入り禁止措置を取る」という方法が実践されており、今後の状況次第では本当に全面立ち入り禁止になる可能性も高まってきました。
見学者のマナーひとつで斎場御嶽への立ち入りが制限されかねない状況でもあるため、必ずマナーを守って静かに見学しましょう。

 

 

斎場御嶽に関する情報

 

斎場御嶽は年に2回、一定期間立ち入り禁止の時期が設定されています。
立ち入り禁止時期は沖縄の祭事に合わせるため旧暦5月1日〜3日・旧暦10月1日〜3日となっており、新暦に直すと毎年時期がズレることに注意しましょう。

 

 

入場料

 

  • 高校生以上 300円
  • 小中学生 150円
  • 未就学児 無料

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県南城市知念字久手堅

 

 

アクセス方法

 

那覇空港から車で1時間ほどで到着します。
一旦、国道331号線を南下して小禄バイパスで左折、那覇空港自動車道(無料区間)を通って東へ向かいましょう。
喜屋武(南)で一般道に下り、右折して県道86号線に入ったら、あとは国道331号線に再合流するまで道なりに進みます。
国道331号線沿いにある知念郵便局が見えたら手前で曲がれば、斎場御嶽に到着です。

 

 

営業時間

 

  • 3月〜10月 9:00〜18:00(最終受付17:30)
  • 11月〜2月 9:00〜17:30(最終受付17:00)

 

休館日

 

  • 旧暦の5月1日〜5月3日
  • 旧暦の10月1日〜10月3日

 

 

服装について

 

足元が悪いので、歩きやすい靴で行きましょう。
服装の制限はありませんが、聖域なので突飛な恰好をしていかないようにしましょう。
常識的な服装であれば、正装でなくとも特に問題ありません。

Sponsored Link