沖縄県最大の植物園・熱帯ドリームセンター

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

沖縄県最大の植物園・熱帯ドリームセンター

熱帯ドリームセンターってどんなところ?

 

熱帯ドリームセンターは、美ら海水族館などでお馴染みの海洋博公園内に存在する植物園です。
動物の居ない純粋な植物園としては県内でも最大規模で、園内には常時2000株以上のランが栽培されています。
南国ならではの珍しい植物も多く、見たことのないような南国フルーツの木々や、巨大な食虫植物などが園内を埋め尽くしています。

 

栽培されている植物の美しさもさることながら、熱帯ドリームセンターの魅力はその建物自体にあります。
熱帯ドリームセンターの建物は荒廃した古代遺跡のような造りになっており、静かな園内を歩いていると異世界にいるような不思議な感覚に陥ります。
海洋博公園に向かう途中、巻貝のように渦巻く巨大な塔が見えますが、あの塔こそが熱帯ドリームセンターの中心に建つ「遠見台」なのです。

 

熱帯ドリームセンターは歩いて回るだけで1時間以上はかかる巨大な施設ですが、実は海洋博公園内でもかなり穴場のスポットです。
美ら海水族館やオキちゃんショーなどの人気施設は海洋博公園でも北側に集中しているため、南側に位置する熱帯ドリームセンターは意外なほど空いています。
しかしあまり人が立ち寄らないからこそ、熱帯ドリームセンターが纏う遺跡のような不思議な雰囲気は壊されずに済んでいるのかもしれません。
海洋博公園内の他の施設に比べてゆっくりと見てまわれるので、人混みに疲れたらリラックスにこの場所を訪れるのもオススメです。

 

 

遠見台から望む海は隠れた絶景スポット!

 

熱帯ドリームセンターの中央に建つ「遠見台」は隠れた絶景スポットです。
海洋博公園のシンボルのひとつとして知られている遠見台ですが、実はちゃんと登ることができるんです。

 

遠見台の内部はちょっとしたミュージアムのようになっており、沖縄の植物についての解説パネルや展示物が飾られています。
展示物だけ眺めて外に出てしまう方がいらっしゃいますが、展示場所からさらに奥へ進めば遠見台の屋上へと登る外階段が見つかるはずです。

 

遠見台を螺旋状に取り囲む外階段はかなり長いため、屋上まで登るには少し体力が必要です。
しかし一番上まで登り切ったとき、そこには思わず感動してしまうような光景が待っているので是非がんばってみてください。
遠見台からは伊江島方面の海が広く見渡せ、眼下に広がる亜熱帯の森や遺跡のような施設と相まって幻想的な絶景を生み出します。

 

特に、遠見台から眺める夕方の海は得も言われぬ絶景です。
ちょうど遠見台から見える方角に夕日が沈んでいくので、夕日の名所としてもオススメです。

 

 

美ら海水族館のチケットを持っていれば半額に!

 

海洋博公園を遊び尽くすなら、まずは美ら海水族館から先に入ることをオススメします。
なぜなら、美ら海水族館の入館チケットさえ持っていれば、熱帯ドリームセンターの入場チケットは半額になるからです。

 

提示するチケットは、前売り券でも当日券でも年間パスポートでも構いません。
熱帯ドリームセンターの受付で美ら海水族館のチケットを提示するだけですぐに半額対応してくれます。

 

熱帯ドリームセンターの入場料は通常大人690円なので、水族館の入館チケット提示で345円になります。
あれだけ巨大な規模の植物園の入場料がこの価格というのは、かなり破格だと思います。
熱帯ドリームセンターでは園内に入ってから何らかの別料金がかかるということもないので、リーズナブルな価格で長時間楽しむことができます。

 

 

熱帯ドリームセンターに関する情報

 

熱帯ドリームセンターはかなり広い施設なので、歩きやすい靴で行くのがオススメです。
園内は綺麗に整備されているので服が汚れるようなことはありませんが、遠見台に登ったり長時間歩いたりしていると汗をかくので、着替えを用意していっても良いでしょう。
また、入場料は美ら海水族館の入館チケットの提示でかなり安くなるので、入場する前に美ら海水族館の入館チケットを手に入れておくことをオススメします。

 

 

入場料

 

  • 高校生以上 690円
  • 小中学生 350円
  • 6歳未満 無料

 

※美ら海水族館の入館チケット提示でこの金額から半額

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県国頭郡本部町石川424

 

 

アクセス方法

 

那覇空港から美ら海水族館に行くなら、車か高速バスがオススメです。

 

車で行く場合は高速道路を利用して約2時間で到着します。
ガソリン代+高速代でおよそ3000円ほどの移動費用がかかります。

 

高速バスは那覇空港から直接乗ることもできますが、終点が美ら海水族館ではなく名護バスターミナルなので、そこから路線バスに乗り換える必要があります。
最初の高速バスで約2時間、路線バスで約1時間を要するため、到着まで3時間程度がかかることになります。

 

海洋博公園に到着したら、遠見台を目印にして南側に移動しましょう。
熱帯ドリームセンターは、美ら海水族館から徒歩20分、園内バス利用で5分程度で到着します。

 

 

営業時間

 

  • 8:30〜19:00(最終受付18:30)

 

 

休園日

 

  • 毎年12月第1水曜日とその翌日

 

 

服装について

 

園内がかなり広いため、歩きやすい靴で行くのがオススメ。
遠見台に登るつもりなら、汗をかいたときのために着替えを用意していきましょう。

Sponsored Link