29.ヤンバルクイナが見てみたいならココ!安田くいなふれあい公園

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

29.ヤンバルクイナが見てみたいならココ!安田くいなふれあい公園

安田くいなふれあい公園ってどんなところ?

 

皆さんは「ヤンバルクイナ」という鳥をご存知でしょうか?
ヤンバルクイナは世界中で沖縄本島北部地域「やんばる」にのみ生息する固有種です。
沖縄の自然のシンボルのような生き物なので、沖縄観光に来たことがある方なら一度くらいヤンバルクイナの写真やイラストを見たことがあるはずです。

 

しかし、実物のヤンバルクイナを見たことがあるという方はほとんど居ないことでしょう。
なぜならヤンバルクイナは絶滅危惧種であり、現在は沖縄県内に1500羽程度しか残っていないと考えられているからです。
沖縄県に長く住んでいる地元民でも、本物のヤンバルクイナは一度も見たことがないという人がほとんどです。

 

そんな超貴重なヤンバルクイナに会える施設が、2014年にオープンしました。
ヤンバルクイナの生息地である国頭村にできた「安田くいなふれあい公園」です。

 

安田くいなふれあい公園の園内にある「くいなの森」という施設では、現在2羽のヤンバルクイナが自然に近い環境で飼育されています。
やんばるの森を再現した飼育施設はガラス張りになっており、見学者がいつでもヤンバルクイナを観察できるようになっています。
本来は出会うことすら難しいヤンバルクイナをほぼ確実に観察できる施設は、県内でもここ以外にありません。

 

 

ヤンバルクイナってどんな生き物?

 

ヤンバルクイナは、世界中探しても沖縄県にしか住んでいない貴重な鳥類です。
さらに沖縄県のなかでも、沖縄本島北部の「やんばる」と呼ばれている地域にしか住んでいません。

 

ヤンバルクイナは非常に数が少ない上、ほとんど人が立ち入らない山中に生息しているため地元の人でも滅多に目にすることがありません。
そのため1981年に発見されるまで、地元でもその存在を知っている人はほとんどいませんでした。

 

ヤンバルクイナはもともと数が少なかった鳥ですが、様々な原因でどんどん減少しているといわれています。
外来種・マングースによって食べられたり、道に飛び出して交通事故にあったり、開発で生息域が減ってしまったりというのが主な原因です。
現在は1500羽ほどが残っていると考えられていますが、このままでは絶滅してしまうため沖縄県が全力で保護活動に当たっています。

 

 

園内の「くいなカフェ」で休憩もOK!

 

安田くいなふれあい公園の園内には「くいなカフェ」というカフェスペースが設けられています。
9:00〜17:00までの営業時間内には、軽食やドリンクを提供してくれるのでゆっくり休憩するのもオススメです。

 

カレーライスや定食などの食事メニューもあるのですが、なかでも人気なのが「ジェラート」です。
源泉した沖縄食材を使ったジェラートはさっぱりと爽やかな味わいに仕上がっています。
特に地元・安田の名産品である田芋(ターム)を使ったジェラートは、他ではなかなか食べられない絶品ですよ!

 

また、カフェに併設されたお土産品コーナーでは地元で採れた農産品などを購入することもできます。
オリジナルのヤンバルクイナグッズなども販売されているので、興味のある方はお土産コーナーも覗いてみてください。

 

 

安田くいなふれあい公園に関する情報

 

安田くいなふれあい公園は、沖縄本島北部の国頭村に位置しています。
ハッキリ言ってかなり遠いので、ここを訪れるなら移動を含めて1日がかりになるつもりで予定を立ててください。
北部地域にある「辺戸岬」や「タナガーグムイの植物群落」といった観光地と併せて見学すると予定を立てやすいかと思います。

 

 

入場料

 

  • 大人 500円
  • 小学生〜高校生 200円
  • 未就学児 無料

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県国頭村字安田1477−35

 

 

アクセス方法

 

安田くいなふれあい公園は東海岸側ですが、西側の国道58号線から行ったほうがスムーズです。
那覇空港から出発する場合、およそ2時間30分〜3時間ほどの所要時間がかかります。

 

那覇空港を出たらしばらくは高速道路を走りましょう。
名嘉地ICで沖縄自動車道に乗り、そこから許田ICまでは一気に移動することができます。
高速を降りたら国道58号線を使って北上し、国頭村までそのまま進み続けてください。
目印が少ないのでわかりにくいのですが、県道2号線への分岐が見えたら右折して、そのまま西海岸側まで移動します。
県道70号線と合流して最初の分岐で右折すれば、安田くいなふれあい公園の看板が見えてくるはずです。

 

 

営業時間

 

  • 9:00〜17:00
  • 年中無休

※ただし「くいなカフェ」は毎週水曜定休。

Sponsored Link