歴史好きに密かな人気!?ゆっくり散策する浦添大公園の魅力

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

歴史好きに密かな人気!?ゆっくり散策する浦添大公園の魅力

浦添大公園ってどんなところ?

 

沖縄本島中部にあたる浦添市と宜野湾市の境目には、浦添大公園という大きな市民公園があります。
敷地総面積は37.4ヘクタール。これは実に東京ドーム8個分に匹敵する広大さを誇ります。
全部歩いてまわろうと思ったら、それこそ1日がかりになってしまうほどの広さです。

 

どうして浦添市にこんな巨大な公園があるのかという疑問には、ちゃんと明確な答えがあります。
実は現在の浦添大公園の場所は琉球王国時代が成立するよりも遥かに昔、3つの王朝の王族たちが住んでいた浦添城(うらそえぐすく)が建っていた場所なのです。
浦添城は1600年代初頭には焼失してしまいましたが、現在でも石垣や遺物の残る「浦添城跡」として大切に保護されているのです。

 

ただ、浦添大公園の見どころは浦添城跡のような歴史的文化財だけではありません。
公園内には子供たちがのびのびと遊べる大規模な遊具スペースも設けられていますし、観光客に人気の絶景スポットもあります。
また、公園内に沖縄そばの名店があったり、体験イベントが開催されていたりと、かなり多様な楽しみ方のできる公園として人気を博しています。
設備の充実した公園ですが、意外に混雑することは少ないので観光中の休憩で立ち寄るのもかなりオススメですね。

 

 

敷地内には歴史的文化財がたくさん!

 

浦添大公園の最大の魅力は、なんといっても園内に散りばめられた歴史的文化財の数々でしょう。
歴史ある土地の公園には何らかの文化財や言い伝えが残っているものですが、浦添大公園はその点で群を抜いています。

 

浦添大公園に歴史的文化財が多いのは、何人もの王が居城として使い続けた「浦添城跡」がここにあったからでしょう。
ここに王が住んでいたのは琉球王朝が成立するよりも以前のことですが、それまでは数百年に渡ってここが沖縄の文化の中心地であったといえるのです。

 

浦添大公園内にある歴史的文化財として、かなり有名なのが「浦添ようどれ」です。
これは琉球王国時代に使われていた王族の墓所で、現在は特別重要文化財に指定されています。

 

他にも、浦添大公園に残されている歴史的文化財は数え上げればキリがありません。
有名どころだけでも、県指定史跡の「浦添貝塚」「伊祖の高御墓」、浦添市指定文化財の「当山の石畳道」などなど、探せば探すほどに貴重な文化財が見つかります。
「探せば探すほど」というのは決して誇張ではなく、浦添大公園では今でも発掘作業が進められており、毎年のように新たな発見が成されているんですよ。

 

 

遊具が充実しているから子供たちも飽きない!

 

浦添大公園に集まるのは、なにも歴史好きの大人たちだけではありません。
他の公園と比べてもかなり広い遊具スペースが設けられているので、お子さん連れでも飽きずに楽しむことができます。

 

遊具は子供の年齢に合わせて様々な種類が用意されているので、歩き始めの2〜3歳くらいの幼児から高校生くらいになっても楽しめます。
大人でもドキドキしてしまうのが、浦添大公園のランドマークでもある全長60mの超ロング滑り台。
お子さんと一緒に滑り抜ければ、近所の公園では味わえないようなスリルが味わえることでしょう。

 

遊具の下には子供たちの怪我を防止するラバーが敷かれているので安心ですし、子供が遊んでいる間にゆっくり休憩できる東屋なんかも用意されています。
地元のご家族に大人気なのは言うまでもありませんが、観光中のプチ休憩で立ちよるのもかなりオススメですよ!

 

 

浦添大公園に関する情報

 

浦添大公園はかなり広いので、3つのエリアに分割されています。
「憩いの広場ゾーン」「歴史学習ゾーン」「ふれあい広場ゾーン」の3つに分かれているので、どこに行くかをあらかじめ決めておきましょう。
園内を歩いて移動することも可能ですが、それぞれ駐車場が別の場所に作られているので、お目当ての場所に近い駐車場を選んでおくのがスマートです。

 

 

入場料

 

無料

 

※ただし浦添ようどれ館など一部の施設利用は有料。

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県浦添市伊祖2丁目115‐1

 

 

アクセス方法

 

浦添大公園までは、那覇空港から車で30分ほどです。
バスで行くと乗り換えが必要になるので、レンタカーで行くのがベターでしょう。
タクシーでも行けますが、少し遠いので料金は多少かさんでしまいます。

 

車で行く場合は、那覇空港を出てしばらくは国道58号線を北上します。
浦添市の港川まで来たら右折して学園通りに入り道なりに進んでいきます。
学園通りの突き当りに大きな十字路があるのでそこを左折、しばらく道なりに進んで突き当りに来たら右折してください。
ここまで来れば公園の様子が見えてきますので、案内に従って駐車場を探してみてください。

 

 

営業時間

 

24時間入場可能

 

 

服装について

 

園内が広いので、歩きやすい恰好をしていったほうが良いと思います。
夏場はかなり暑くなるので、熱中症対策も忘れずに行いましょう。

Sponsored Link