まるで中国に来たみたい!?福州園は那覇市に存在する異空間

Sponsored Link

このエントリーをはてなブックマークに追加   

まるで中国に来たみたい!?福州園は那覇市に存在する異空間

福州園ってどんなところ?

 

福州園(ふくしゅうえん)は、沖縄本島内の観光スポットとしては少しマイナーですが、できれば立ち寄ってみて欲しいスポットです。
一応観光雑誌などには必ず載っているのですが、首里城などの有名どころと比べると扱いが小さいので、実際に行ったことがあるという観光客はそう多くないのではないでしょうか。

 

福州園という場所をひとことで説明するなら、「中国風の庭園」です。
サッカーのグラウンドよりも広い2600坪という広大な土地が、まるまる古代中国の様式で作られた高級な庭園になっています。

 

話を聞いただけではその迫力が伝わりにくいかもしれませんが、園内には巨大な池や人工の滝があり、建物や植物に至るまであらゆる部分が中国風に整えられています。
那覇市の市街地にあるにもかかわらず、一歩園内に入るだけで「本当に中国に来てしまった」かのような雰囲気に包まれているのです。
沖縄の観光地にありがちな「沖縄風」のテイストは一切取り入れず、徹底的に中国風にしているところに好感が持てます。

 

中国風の庭園が完全に再現されている…という点以外には、特に派手なセールスポイントが無いところが、福州園をマイナーな観光地にしてしまった所以かもしれません。
しかし、静かに水を湛えた中国風の庭園は、何も考えずに散歩しているだけでも癒される素晴らしいスポットだと一部で人気があります。
実際に訪れる人は少ないものの、実際に訪れた人からは「想像していたよりもかなり良かった」と評判の良い庭園です。

 

 

どうしてこんなに本格的な中国式庭園があるのか

 

福州園は那覇市の市街地にでんと構えています。
所狭しとビルが立ち並び、徒歩圏内に国際通りや沖縄県庁の立ち並ぶ一等地に2600坪もの庭が広がっているのです。
Googleマップなどで確認してもらうと、これだけ密集した土地にこんな巨大な庭が存在する不自然さがよくわかると思います。

 

この場所に巨大な中国式庭園が造られたのは、1992年のことでした。
実は那覇市には中国の「福州市」から移住してきた中国人の子孫が多いと言われており、那覇市と福州市は友好都市を締結しています。
1992年は友好都市締結10周年にあたる年で、その記念事業として作られたのが「福州園」だったのです。

 

福州園の敷地内に建っている建物の多くは、実際に福州市に建っている建造物を模したものです。
驚くほど本格的な中国庭園になったのもそのはず、福州園は設計から施工までくまなく福州市の庭職人によって行われた「本物の中国式庭園」なのです。
しかも建造に用いられた資材まで、ほとんどが福州市から運ばれてきたものを使っているという徹底ぶりです。

 

日本国内を見渡しても、これほど立派な中国式庭園は数えるほどしかないでしょう。
国内外にかかわらず、美しい庭園がお好きな方なら必ず満足してもらえるスポットになっています。

 

 

今流行りの写真撮影に最適なスポット!

 

中国式庭園というと、やはり若い人には不向きなスポットに思われるかもしれません。
庭園がお好きな方は全国各地にいるはずですが、どちらかと言えばご年配の方に人気の趣味といった感じは否めないでしょう。

 

しかし近年になって、若い層が福州園を訪れるケースも増えてきているようです。
その人気の起爆剤となったのが、今空前のブームとなっている「インスタグラム」の存在です。

 

日本国内にいながらにして、本物の中国式庭園で写真撮影ができる福州園はまさに「インスタ映え」するスポットとして認知され始めてきています。
園内で写真撮影に興じる若者の姿も目立つようになってきているので、若い人も躊躇せずに福州園を訪れてみてくださいね。

 

 

福州園に関する情報

 

福州園は以前まで入場無料でしたが、平成28年4月以降は観光客の増加に伴って有料制になりましたのでご注意ください。
また福州園には駐車場がありますが、駐車可能台数が多くないので、満車になっている場合は付近のコインパーキングをご利用ください。

 

 

入場料

 

  • 高校生以上 200円
  • 中学生以下 100円
  • 未就学児 無料

 

 

場所・アクセス

 

 

住所

 

沖縄県那覇市久米2-29-19

 

 

アクセス方法

 

那覇空港から福州園までは、およそ5kmほどの距離があります。
車で移動すれば10分程度で行けますが、駐車場がそう多くないことと、道が少しややこしいのでタクシーでの移動をオススメします。
距離が近いので、那覇空港からであればタクシーで移動しても1000円とかからないはずです。

 

福州園から別の場所に移動する場合は、バスかモノレールを使ってもよいでしょう。
徒歩圏内にバス停もモノレール駅もありますので、公共機関を使ってのアクセスも悪くありません。

 

 

営業時間

 

9:00〜18:00

 

 

休業日

 

毎週水曜定休

 

※水曜日が祝日の場合は開園し、翌日が振替休業日となる。

 

 

服装について

 

険しい道のりではありませんが、ゆっくり見てまわると1時間近くかかるので歩きやすい格好のほうが良いと思います。
庭園内は草木が茂っているので涼しいですが、夏場は熱中症対策を忘れずに帽子をかぶっていきましょう。

Sponsored Link